左官講習会(植田俊彦氏)☆イタリア磨き編

こんにちは、高橋です。

先日の左官講習会(ジャバラ編)に引き続き、イタリア磨き編の様子を紹介します。



イタリア磨き 青
まずは材料を塗っていきます。

右や左に鏝を傾けながら、少しずつ材料を付けて行きます。





イタリア磨き 植田氏
青・水色・白をどんどん重ねてていきます。
イタリア磨き 青 グラデーション
こちらは2色を横に伸ばして塗ったもの。
同じ色を使用しても、塗り方によってかなり表情が変わってきますね。



イタリア磨き ドライヤー
鏝で何度も磨いた後は、タオルをつかって磨いていきます。

※時間の関係上、ドライヤーで乾かしています。



イタリア磨き 青
反射して光っているのがお分かりでしょうか?





イタリア磨きとは…

石灰クリームに、大理石の粉を混ぜたものを塗り、ピカピカに光るまで磨く壁の仕上げ方法です☆


今回は、そこに顔料を混ぜてピンク、青、緑、紫の材料を使用しました。



イタリア磨き 講習会



イタリア磨き 模様

21687882_1509679359112547_2247068980424399604_n



2色や3色で塗ったり、模様をつけたり、オリジナルの壁ができあがりました☆

これを大壁で数人で同じ模様を塗るとなると、かなりの技術が要りそうですね。


イタリア磨き 仕上げ 軍手
チーム内池☆
仕上げには軍手を使うと、鏝が当たらないわずかな凹部分も磨くことができるようです!


イタリア磨き 光ってる
磨けば磨くほど光ってます!

イタリア磨き
記念撮影(^^)/

画廊みたいですね…

正人さんはピンク+薄ピンク+緑
私は王道ピンクの一色塗り!


今回は下地ができた状態の上から、かなーり薄く塗りました。

薄塗りは簡単なのですが、下地の状況にかなり左右されるので、下地づくりが難しそうです!






21762223_1509679265779223_4014131306217218013_n
植田氏を囲んで、今回講習に参加したメンバー

皆様お疲れ様でした。

植田先生ありがとうございました。
イタリア磨き 翌日
作った作品は各自お持ちかえり。

翌日になると、色が落ち着いてきてかなりいい感じになりました(^^)


せっかくなので、部屋へ飾れるよう額を製作中…

完成したらまた報告します。


今後も技術の向上と、新しいデザインの発見ができるよう、精進していきます!