雑草対策をしたいのですが

家に住んでいるとどうしても気になるのが、次から次へと生えてくる雑草。

せっかくのお庭は、手間をかけずにいつもきれいにしておきたいですよね。

お庭や建物まわりの雑草対策の方法をご紹介いたします。


防草シートと敷いた上から、5~25mm程度の砕石を敷いていきます。

【メリット】
価格が安い。
上を歩くと音がなるので、防犯対策にもなる。
【デメリット】
意匠性がない。
葉っぱやごみが溜まると、取り除きにくい。

建物まわりや、目につきにくい部分などにお勧めです。

砕石敷 5-25



防草シートと敷いた上から、5~25mm程度の化粧砂利を敷いていきます。

【メリット】
色がきれい。
様々な色があるため、建物やエクステリアに合わせた色を選べる。
上を歩くと音がなるので、防犯対策にもなる。
【デメリット】
価格が高い。
葉っぱやごみが溜まると、取り除きにくい。

目につきやすい部分や、お庭のデザインに部分的に取り入れてもステキです。


化粧砂利 白



砕石下地の上に、生コンクリートをならし、固まるまで乾かします。

【メリット】
様々なデザインを作れる。
雪かきや掃除がしやすい。
【デメリット】
価格が意外と高い。
乾くまでの養生期間が必要。(3日~7日、上を通行できません。)
気候によって仕上がりが左右される。
人の手で均すため、多少の凹凸ができる。
ひび割れが生じやすい。
水はけに留意しなければならず、別途工事が必要な場合が多い。

お庭でスポーツやBBQなどする方にお勧めです。

庭 コンクリート サークル



コンクリートで作った下地の上に、砂利と樹脂の接着剤を混ぜたものを、塗っていきます。

【メリット】
オリジナルの模様が作れる。
様々な色があるため、建物やエクステリアに合わせた色を選べる。
部分的な補修が可能。
【デメリット】
価格が高い(コンクリートの価格+樹脂舗装の価格)
経年劣化などにより、表面がはがれてくる → 補修可能

樹脂舗装 庭



一般的に’固まる土’と言われている製品の説明です。

【メリット】
昔ながらの自然な風合いに仕上がる。
部分的な補修が可能。
【デメリット】
表面が削れやすい。 → 補修可能
冬場は霜が降りて凍みてしまう。(表面がはがれてくる)

土に愛着があり、ご自身で補修が行える方以外には、お勧めできません。
※当社での施工に関しましては、仕上がりの品質保証は致しかねます。

内池工業 展示場 恐竜 まさど

その他、インターロッキング・コンクリート平板・天然石・タイルなどを敷くこともできます。

特徴については、こちらのページをご覧ください  →駐車場を作りたいのですが 
庭 インターロッキング 目隠しフェンス