格子のスクリーンで、建物と一体感のあるお庭へ(郡山市 S様邸)


既存の生垣を撤去し、フェンスを取り付けて視線の気にならないお庭を作りました。

アルミのフェンスは、生垣に比べてお手入れが楽なのが魅力です。

物置前 目隠し スクリーン


生垣を抜根し、スッキリと。

befor
お庭 フェンス 施工前

horizonal
after
生垣 撤去後


風通しのあるルーバーフェンスを取付けました。

高さは140cmなので、圧迫感がなく
、お庭と隣地との適度な目隠しに。

フェンス 完全目隠し ハイスクリーンフェンス
ルーバーフェンス:ハイスクリーンフェンスA型 ブロンズ色 H1400


駐車場側にもスクリーンを立てるため、根っこは残さずにきれいに取り除きました。

三脚を立て、チェーンブロックという吊り上げ機械で根っこを抜いていきます。

befor
生垣 抜根 チェーンブロック
抜根の作業の様子
horizonal
after
生垣 抜根後
スッキリきれいになりました。


物置前には花壇があり、生垣で目隠しをしていましたが、

縦格子のスクリーンを取り付けて、すっきりとしました。

befor
生垣 撤去前

horizonal
after
千本格子 スクリーン 裏


縦格子のスクリーンは、色によって洋風にも和風にもなるので、人気の製品です。

格子自体に奥行があるため、斜め方向からみると、完全にお庭の方が隠れます。

物置前 目隠し スクリーン
タカショー 千本格子足付ユニット すき間53mm 色:ブラウンエボニー



玄関前のスクリーンは、扉の色に合わせ、ブラウンエボニー色を選びました。

通路の幅は、施主様が使いやすいよう、現場で入念に打合せさせて頂き、スクリーン本体の幅を切詰めました。

befor
玄関前 スクリーン 施工前

horizonal
after
玄関前 スクリーン 和風
タカショー 千本格子足付ユニット すき間53mm 色:ブラウンエボニー



程よく視線を遮り、建物との一体のある玄関まわり、お庭になりました。