法面に高さ1.5mの土留をし、3台用カーポート取り付けて広々とした駐車場に(福島市 A様)


折板屋根のカーポートは、雨や雪だけでなく、紫外線からも車を守ってくれるので、

車の劣化を抑えることができるのでおすすめです。

屋根の枠材は、建物と統一感がある木目調のナチュラルカラーを選定しました。


カーポート 3台用 木枠
3台用カーポート:LIXIL ウィンスリーポートⅡ 1500タイプ
色<ナチュラルシルバー+クリエラスク>



玄関横の法面は、低木やして草、既存の石を使用して土留めをしました。

植物を植えて根を張らせることで、土が流れていくのを防ぐことができます。

石組みと宿根草などを組み合わせたロックガーデンは、自然風な建物の雰囲気にとても合っていますね。

玄関ポーチのタイル階段を2段から4段に増やし、駐車場との行き来がスムーズにできるようにしました。


befor
玄関ポーチ 2段から4段 増やす
vertical
after
低木 下草 ロックガーデン
タイル:LIXIL グレイスランド
低木:ヒイラギナンテン



道路側の法面に、高さ1.5mの現場打ちコンクリートの土留めを施工。

物置のすぐ前まで車がのぼっていけるように、駐車場をコンクリートのスロープにしました。

車を十分に止められるスペースが確保でき、広々としてきれいになりました。


befor
駐車場 スロープ 施工前

vertical
after
カーポート 3台用 木枠


現場打ちコンクリート 施工中 配筋 型枠
現場打ちコンクリートの配筋・型枠
コンクリート下地 カーポート柱
コンクリート下地・カーポート柱