デッドスペースをナチュラルガーデンにリフォーム 伊達市保原町

デッドスペースをナチュラルガーデンにリフォーム 伊達市保原町
およそ130坪の広大な土地が、どのように使用していけば良いかわからない・土が固い等の理由で、ずっと手つかずの状態でありましたT様邸。

工事をする前に、まずは重機で全体を掘り起し、固まった土を十分にほぐすことからはじめました。

ご夫婦がお好きなバラガーデンをつくるべく、ウッドをメインにしたナチュラルガーデンへとリフォームしました。
デッドスペースをナチュラルガーデンにリフォーム 伊達市保原町
まずは、敷地の北側につくった物置兼テラス。

雨が降った時の庭作業や、ガーデニンググッズを閉まっておけるスペースとして、およそ2.0間×2.0間のテラス(うち奥行き3尺の物置)を当社大工が作成しました。

屋根にはトタンをかけ、風当たりが強い西面には木塀を取付け、柱には自然木を使用し、床面はコンクリートを木ゴテで仕上げるなど、あくまでナチュラルな仕上げ方にこたわりました。
デッドスペースをナチュラルガーデンにリフォーム 伊達市保原町
物置の東側には、ずっとT様方で保存してあった大谷石を使用し、ゴミ捨て場兼焼却スペースをつくりました。

900×900に大きな箱型にしたものを3か所つくり、そのうち1カ所には焼却しやすいようにと床面にも大谷石を敷き詰めました。
デッドスペースをナチュラルガーデンにリフォーム 伊達市保原町
建物とこの土地ではおよそ2mほどの高低差があり、お庭からこちらにくるには階段が必要でした。

枕木や自然木で作った階段と、敷地全体の通路にあたる部分には、針葉樹のウッドチップを敷き詰めふかふかのアプローチにしました。

また、木製品として、パーゴラつきおベンチを制作しました。
デッドスペースをナチュラルガーデンにリフォーム 伊達市保原町
パーゴラつきベンチの山から見た、敷地全体。

中央のサークルを取り囲むようにして立っている三本の丸太は、ここにトライアングルのシェードセイル(タカショー)をかけられるようにするためです。

また、その南側には日除けのためシンボルツリーとして「マテバシイ」を植樹しました。
デッドスペースをナチュラルガーデンにリフォーム 伊達市保原町
サークルは直径4mの大きなテラス。

レンガ(東洋工業 ワイド・ベイ・ブリックス スタンダード50)を三色使用し、コンクリートには石貼り(INAX アーストン 乱形)のアクセントを入れました。
デッドスペースをナチュラルガーデンにリフォーム 伊達市保原町
お庭から敷地に降りる階段上から撮影した写真。

土の部分には、バラや植物などを植える予定です。

左と中央はT様ご夫婦、右は斎藤正人職長です。

マテバシイ

シェードセイル

斎藤正人