コニファー(ラインゴールド)を植えました~

今日は初夏を思わせるような暖かさでしたね。午後から現調に行って、測量をしてたら汗がポトポト落ちるほどでした。

以前、サークルを施工していただいた、N様邸のコニファー(ラインゴールド)の植え付けをしました。

暖かくなって、植え付けには絶好のタイミングででした。

まだ、可愛いけど、頭の部分の黄金色がきれいですね。育っていくのを見るのも楽しみの一つです。

 

参考までに、特長を、挙げておきますね!(ネットで調べたのですが…)

ニオイヒバの栽培品種。 生育が遅く、ニオイヒバ (Thuja occidentalis) では珍しい針葉が、

春から秋まで黄金色で美しい。

浅根性ですが、細根が多いので倒伏の心配は少なく、強健で広範囲に植栽が可能で扱い易く、

比較的に移植が可能です。

栽培 (育て方) のポイント

  • 強健で、刈込みにも耐え、育てやすく、香りが良い。
  • 季節変化する葉色が美しく、浅根性で比較的に移植が可能。
  • 立性の傾向が強く出る場合がある。
  • 冬季は全体が枯れた様な色になり、夏季は蒸れやすい。

生育は遅く、成木で年間に10~20cm伸び、幼木時は特に遅いので、雑草などに覆われないよう

注意します。

積雪により幼木時は潰されやすくなるので、縦に伸ばしたい場合には十分な雪囲いが必要です。

耐暑性耐寒性に優れますが、内部が蒸れで枯れ込み易いです。 耐陰性もややありますが、

乾燥や湿地にやや弱いことと、内部が蒸れ易いのを除いては、病虫害にも強く、

比較的に育てやすい樹種です。

 

ぜひお試しくださいませ!  私も自宅に庭があったらなあ~ たーさんでした。