イワチドリ(らん科の植物)が満開です。

東日本の方々には、(一部の山野草愛好家を除き)一般的にはなじみの薄い野草ですが、我が家の栽培棚では今が盛りと咲き誇っています。本来は、主に南紀州地方(熊野川流域)に自生している、らん科の植物です。これに対比する東日本の植物はコアニチドリと言います。
マニアの方々には怒られますが、当地福島ではまだまだマイナーな植物ですが、かわいい花です。この花と出会ったのは、もう20年以上前になりますが、同じ、らん科のサギ草と同じく球根で増える野草です。縁あって、和歌山県新宮市のMさんとの出会いがきっかけで、(現在ではマニア間で知らない人がいないほど、有名な方です。)栽培するようになりました。例年より今年は、10日から2週間程遅れての開花となっておりますが、昨今の環境の変化に敏感に反応しているのかも知れません。 、、、と言う事で、初登場の小坂と申します。これから時々書き込みをさせて頂きます。当社の仕事の話も含め、多岐にわたり話題には事欠かないので乞うご期待あれ。