暑い そして熱い 夏の思い出は作りましたか!?

DSC_0291
こんにちは
 ホーム課の 金子です(^^)/

 まだまだ うだるような暑さは続いていますが、 お勤めの方は ほぼ短い夏休みも終わって
日々の仕事にもどっていると思います。
 お子様がおられる家庭では、残りわずかな夏休みで親を巻き込んでの
宿題に追われているかも知れないですね

熱戦が続いた、球児達の甲子園やオリンピックでの
日本選手の活躍にも感動をもらいました!

それぞれの夏が過ぎようとしていますが
僕はと言うと・・・・

今回の夏休みは新潟方面を ふらりと旅してきました。
上越市~新発田市~新潟市内と史跡めぐり


そんな1ページをちらっとアップしてみます




CIMG8374
一路 新潟は上越市へ

電車移動の習慣が無いので、もっぱら車を使って
どこへでも行っちゃうのです。

目指したは この方(誰か分かります?)の居城があった
日本百名城のひとつ「春日山城」

そう 戦国時代に「越後の龍」と恐れられた、
関東管領を務めた「上杉謙信公」の城址です。

ちなみに「謙信公」は 誕生日が僕と同じです。
DSC_02711
自然の地形を利用して作られた、難攻不落の春日山を
目指し上がっていくと 石垣の上から城下を見下ろす
「謙信公」の銅像が迎えてくれます。

天守などは現存していませんが、徒歩で本丸のあった
頂上まで登ります。 
高低差が180mくらいらしいのだが
さすが戦国の山城、そうやすやすとは本丸までは行けません。

CIMG8375
春日山城の全容絵図!

 山全体が まさに要塞って感じですね。

 途中には大河ドラマ「天地人」の主人公になった
上杉家の重臣 直江兼続(なおえ かねつぐ)
の屋敷跡などもあります。


DSC_0274
歩き出してすぐに「春日山神社」があって
秘密のお願いをして本丸を目指します。
 
CIMG8378
こんな山道を登って行くのですが
徐々に勾配きつくなって
さらに くねくねと蛇行した道になります。

たかが180mの山とあなどっていたら
けっこうな運動でした。

汗だくです
DSC_0277
直江兼続の屋敷があった所。

ただの平地と思うかもしれませんが
ここに歴史を動かした武将、「兼続」の
屋敷があったと思うだけで
歴史好きには ワクワクものなのです。

DSC_0281
途中 毘沙門洞やらなにやら 引っかかりながら
本丸の頂上へ着陣!

CIMG83771
本丸からの眺望です。
城下全体から日本海まで見渡すことができました。

「謙信公」も見ていた風景!
絶景なり~
DSC_0283
喉もカラカラで降りてくると
この自販機に まんまと引きつけられました。

これも上杉の戦略かぁ~~


DSC_0199-e1475911390210
この手の自販機は観光地でよく見かけるね。

前に行った長野の上田でも・・・
真田ペイントでした。
DSC_0304
14歳まで「謙信公」が過ごした
「林泉寺」

ここで「義」の精神を学んだお寺。
私欲の戦(いくさ)をしなかった謙信、

直筆の「第一義」の大額が山門に
かかっていました。
DSC_0288
現存する当時の謙信直筆の「第一義」の大額。

「義」とは、良い事・正しき事!
常に「義」の旗のもと、正義の戦いしかしなかった「謙信」。
70戦以上の戦いで負けたのは2回だったとか。

DSC_0311
このお寺の男子トイレの表示の武将は 伊達政宗か?
DSC_03051
謙信の守護神
 「毘沙門天」

金網越しですが にらみがきいてます!
春日山のまわりの話ばかりになってしまうので この辺にして
次は高田町へ移動。

旅の目的が どこに行っても城中心になるのが僕の「ぶらり旅」!
のんびり気ままにハンドルを向け 次なる城めぐりへ。




DSC_0266
徳川の出城「高田城」の三層やぐら。

高田城には天守はなかったそうです。








CIMG8371
1614年 伊達政宗が総指揮をとり 全国の13大名が わずか4か月で築城した城と城郭です。
DSC_0264
「日本三大夜桜」にあげられ その季節には
大変な賑わいだそうです。
DSC_02671
高田城の全容模型。

前の写真の三層のやぐらは左の角にあるのがそれです。

DSC_0295
夕方近くから 積み込んでいった自転車で日本海を見ながら 少しだけサイクリング!

夕日がめっちゃ綺麗でした~
DSC_0300
休憩で寄った店 フロントビーチ!

その名のごとく、眼前には日本海が広がっていました。
夕方の風はさわやかで 何とも言えぬ心地よさ 。
DSC_0298
夕日を見ながら飲むビールは格別~。
DSC_0335
夜は市内の居酒屋さんで
新鮮な刺身を肴にほろ酔い。

やや厚切りで身で 美味かったですよ~
唯一の 食レポっす。
DSC_0324
翌日は 上越から新発田市へ移動。

またまた百名城のひとつの「新発田城」
を見に行きました!
その歴史は古く、鎌倉時代以前からあったとのこと。

ちなみに ここでポケモン1匹get
DSC_0331
三重櫓前からの風景。
内堀の水面に映る逆さやぐらや、石垣が美しい。

白い壁とまわりの緑のコントラストも
またイイ感じだね。
DSC_0322
ちなみにこの石垣の組み方は
「切り込み積み」と言う積み方で
綺麗なラインがビシッっと決まる!







DSC_0314
東やぐらと南門。
当時の建物を忠実に再現して
造られたもの。
建物は江戸期のものを再現。

石垣は当時のまま!
DSC_0315
南門正面、下壁は「なまこ壁」という壁のつくりでできていました。
四角やひし形の形があって、
江戸時代から急激に普及した壁工法、平瓦を貼ってカマボコ状に漆喰でとめるやり方。
丈夫で火災の延焼を防ぐ効果があります。
今でも蔵などに伝承されていますね。
DSC_03271
江戸幕府に遠慮して天守閣は造れず、この三重櫓が実質の天守。

そのあかしに、この建物の屋根には3匹のシャチホコがありました。
こんな感じで城下町を散策しながらの 短い旅も終わりです。

新潟地方も気温は30度を軽く超えて、暑かったですが
幸い行きも帰りも渋滞にははまらず、自分なりには満足

帰りは一般道を山形に入り、南陽~米沢を通り帰ってきました。

また どこかに行ったらアップしますね。
たぶん マニアックになることは必定ですが・・・