屋根の塗装  福島市M様邸

CIMG35282
雨水の弾きが 全く無くなってしまったために屋根材に水がしみこみ
苔が生えていました。

表面の艶も無く色あせの進行、表面は粉もふいていました(チョーキング)

このまま放置していては 近いうちに貼り替えるようになってしまいます。

屋根は紫外線と酸性雨の影響をモロに受けます!
早めのお手入れが必要な部分ですね。
befor
CIMG35282
ここまで傷んでいる屋根を 長持ちするように仕上げるには、下地をきっちりと調整してあげるように
しなければなりません。

そこで 下塗りの工程を2回に増やして、(浸透性の高い下塗り剤)中塗り~上塗りの4工程で仕上げることにしました。
horizonal
after
屋根
高耐候性のシリコン塗料(溶剤)で塗り上げました。

下塗りを2回にしたので 上塗り塗料の乗りもよく
ピカピカの仕上がりです

これで酸性雨にさらされても安心ですね!
CIMG3827
水が流れる「谷」の板金部分。

ここを しっかり手入れしておかないと穴が開いて
雨漏りがおきてしまいます!

細かい すき間まで刷毛で丁寧に塗っていきます。


屋根 塗装後
この屋根材は細かい重なりで溝が多いので
刷毛とローラーを使って塗り込まないといけません。

塗料もその分 たくさん使いますが ここを丁寧にやらないと
溝の部分から痛みが発生してしまいます。

シリコン系の塗料で4工程で塗り込んだことで、ツルツルピカピカに仕上がりました。

S様 ありがとうございました。