左官講習会(植田俊彦氏)☆ジャバラ編

こんにちは、高橋です。

先日、職人の正人さんと共に、左官の講習会に参加してきました。


植田俊彦氏 講習会
福島県内のみならず、山形、宮城、栃木、神奈川から参加の方もいらっしゃいました。

植田氏は、久住氏のお弟子さんということもあり、

左官業界では有名人なのです☆


植田俊彦氏 左官講習会

植田俊彦氏 プロフィール


今回は、まず蛇腹の引き方の講習を行いました。

蛇腹とは…

洋風建築の天井や壁などにある装飾のことです!(もちろん和風もありますよ)


0038

真っ白い漆喰が、蛇腹によって陰影が出てとてもきれいです。
0046

照明周りには、円形の蛇腹。






私は、左官の仕事に就職して初めての仕事が、この蛇腹引きの仕事でした(^_^;)

わけもわからずやっていた頃を思い出して懐かしい気持ち!

その時の写真を最後の方に載せましたので、興味のある方はどうぞ~☆



まずは型作りから!


蛇腹 型
コンパネなどに、作りたい型のデザインを描いていきます。
蛇腹 型 ジグソー
ジグソーなどを使って切っていきます。
蛇腹 型 ステンレス板
ステンレスの形材を、専用の道具を使って折っていきます。



蛇腹 型
釘で固定して完成!
正人さん作のものはもっと角が立っていてきれいですよ~さすが
蛇腹 寸法
今回は、下地に桟木を使って、漆喰で一発で仕上げる方法でやりました。


漆喰 城かべ 寒水
漆喰は、メジャーな城かべ。
寒水とよばれる骨材を少し入れます。
(割れ防止や施工性を考慮して)



21766354_1509679259112557_4567802788235416034_n1
型作りの様子 ※植田氏のFBより拝借


型作りは、時間の関係で全員はできませんでしたが、私たち二人は運よく作ることができました♪
















植田俊彦氏 講習会
皆さん写真やムービーを撮って、真剣に話を聞いています。
植田氏 蛇腹
まずは下こすりをして、その後ある程度まで材料を付けて行きます。
植田氏 蛇腹
型をあてて多いところは削り、低いところにはさらに材料を付けて行きます。
蛇腹 下こすり
一人ひとり施工するブースに配置し、塗っていきます。

植田氏のお弟子さんたちも、数名いらっしゃって、教えてくださいました。



IMG_5235-e1506319284763

蛇腹
まだ乾いていませんが、だいたいこんな感じに仕上がりました。





その後、出隅や入隅の納め方、きれいに見せるコツなどを教わりました。

一般住宅ではなかなか施工しない蛇腹ですが、オリジナルの形を作れるというのは、左官工事の魅力ですよね。

エクステリアでは、門柱や塀などの笠や装飾などに使えそうです♪




最後に、私が〇年前に施工した現場の写真とメモ☆

蛇腹 サイコロ
こちらは和室。
サイコロとよばれる装飾を最後に付けているところです。

20170925144153349_0002
砂漆喰から下地を作る場合。
20170925144153349_0003-e1506319317459
読み返してみると、今回の講習で教えて頂いたことと同じことがかいてありました!


次回はイタリア磨きについて書いていきます(^^)/


お楽しみに~