スタッフブログ

ブロック塀・大谷石塀のやり替え(福島市)

2021年3月20日|カテゴリー「工事の様子
こんにちは。佐々木です。

2月の地震後、バタバタしてしまい、前回の更新から一か月以上経ってしまいました。
ブロック塀や大谷石塀の解体の依頼が多くありましたが、ブログをご覧の皆様のお家は大丈夫でしたでしょうか?

本日は、ブロック塀・大谷石塀を解体し、ブロック積み+フェンスにやり替えた現場を3件分ご紹介します。

3件全て、隣地や道路に面していて、次に地震が発生し崩れてしまってからでは遅いとのことでやり替えを行いました。
崩れてからではバタバタしてしまいますので、今から解体もしくはやり替えを検討されてみてはいかがでしょうか。
befor
IMGP6436
お庭側
左側に写っているブロック塀を解体しました。
vertical
after
IMGP8553
お庭側なので、完全目隠しタイプのフェンスを取り付けました。
befor
IMGP6439
建物脇の部分

笠ブロックが一部外れてしまっています。
vertical
after
IMGP8551
建物脇はあまり視線が気になる場所ではないので、格子タイプのフェンスにしました。
befor
IMGP0896
ブロック積みだけで1.5mありました。
vertical
after
IMGP84601
コンクリートブロック1段積み+メッシュフェンスへやり替えました。
メッシュフェンスにしたので施工前に比べ、スッキリした印象に。
befor
EuaDSVmUYAUGmSP
大谷石の表面が崩れている部分もありました。
vertical
after
IMGP6757
道路に面しているので、完全目隠しタイプのフェンスを取り付けました。
※1件目と3件目のフェンスは、完全目隠しタイプですが、風を通す隙間はあります。



5621deba8a18b839c7a4321764bb05e84

2a831ec055ed4fee4e1d0936ea40500d

ac091f8ae1c9a433ea3249daf1df0f591

2021年新商品のご紹介<タカショー>

2021年2月13日|カテゴリー「庭・外構・エクステリア
こんにちは。佐々木です。
本日は、タカショーの2021年新商品より、気になったものをいくつかご紹介します。
0291_PR328000_0007
天気の良い日にお庭ですごそうと思っても、日差しが強くてゆっくりできないという経験はありませんか?
天井のルーバーを好みの角度に調整し、日差しをカットすれば快適にすごすことができます。

0291_PR328000_0007-1
天井ルーバーは手動式でハンドルで開閉を行います。
完全に閉じた状態だと雨の吹込みを抑制することもできます。

サイズは3000×3000、3000×4000、3000×6000の3種類あります。

20210207134852128_0002
これまで3色展開でしたが、グレーが加わって全4色展開になりました。
グレーは、モダンなデザインのお家におすすめです。

商品案内はこちら→
施工現場の紹介はこちら→(オリーブ色を使用)

0291_PR328000_0008-2
ポーチ・シェード・デッキ・目隠しフェンスが一体化した製品です。
気になる日差し・周囲からの視線を遮り、心地よいテラス空間が生まれます。

フェンスは好みの高さに調整可能、デッキは北欧産のパイン材を特殊高温処理したものを使用しています。
サイズは、間口が2625と3900、奥行が1350と1800の計4パターンです。
0291_PR328000_0008-1
ポーチ・フェンスはアルミ製ですが、木のぬくもりを感じられるようになっています。

0291_PR05H-21_1124
おうちですごす時間が増えた今、「離れ」のある暮らしを。
趣味の部屋、在宅ワークや書斎空間としてもおすすめです。
0291_PR05H-21_1124-1

0291_PR05H-21_1125
サイズは2種類あります。
W30は耐積雪100cm、W61は耐積雪40cmです。



他メーカーも新商品が出ていますので、後日ご紹介します!

駐車場・フェンス取付(相馬市)施工中です

2021年2月5日|カテゴリー「工事の様子
こんにちは。佐々木です。
本日は、相馬市内で施工中のフェンス取付と駐車場工事のご紹介です。
S__2654219
施工前の様子
2629
カーポートの取り付け中です。
下の砕石になっている部分は、後日コンクリートを打設します。

2615
土留めがあった部分にブロックを積み、
上にアルミフェンスを取り付けます。
2616
こちらは土留めがないので、独立基礎を使用します。
施工が終わり次第、またご紹介します!

2020au_omoteA

scroll-to-top