駐車場を増やしたいのですが。

車を買い替えた、子どもが車に乗るようになった、など、

ライフステージの変化によって、駐車場を増やしたいというご相談はとても多いです。

駐車場を広げる工事 = 駐車場拡張工事 での注意点などをご説明いたします。


駐車場を新たに作るのには、どのくらいの大きさの車を何台入れるかによって、範囲が決まってきます。

ワンボックス・小型車・軽自動車など、ある程度の大きさを把握し、

広めにしたい(乗り降りしやすく・自転車も置きたい)

狭くても良い(普段使わない・軽自動車しか入れない・運転に自信がある)

などを考慮します。
配管・桝 → 移設・切下げ(掘削してみないとわからないものは、別途御見積となります。)

植木 → 抜根・移植(移植後の枯れ保証はございません。)

舗装材(庭石・平板・インターロッキング・レンガなど) → 処分・状態によっては場内取り置き可能

アルミ製品(フェンス・門扉・カーポートなど) → 処分・状態によっては一部再設置

ブロック塀・土留め・基礎 → 解体処分


道路に対して、現状の土の高さがどのくらいになっているかにより、掘削する残土の量が変わってきます。

高低差がある場合、土留が必要です。

また、深基礎になっていない建物の、ぎりぎりまで駐車場にする場合にも、建物の基礎の下部分が見えてこないように土留が必要です。