室内用手すりを付けました。K様邸 階段 編

CIMG1542
階段昇降用の補助手すりが ブラケットごと折れて
使えない状態でした。

丸棒もやたら太くて 握りにくかったようです。
ストレートに付いているだけで 降りるとき少し怖そうでした。
そこで もっと握りやすく 2階ホール部分まで伸ばした
新しい手すりに交換しました。

handrail_img_01
使用したのは デザインも新しくなった          LIXIL社製の壁かけ手すり(ラウンドタイプ)

今度の手すりの直径は、お子様から年配まで      誰の手にもフィットする35㎜丸型にしました。








variation_img_32
手すりなど後付けの場合、壁の中にビスの打ち込める
下地(木材)の場所が分かりにくかったりすることが多い
ためブラケットを均等に付けられるように
写真のような 後付ベース材を取付ます。

これにより後付の手すりでも ガッチリ固定することが
出来るようになりまよ。





施工後が こちら
  ⇓
CIMG1966
まずは壁の中の下地がある場所を探して
後付ベースを しっかり取り付けます。

そこにブラケットを既定のピッチで付けて行き
丸棒を乗せて固定しました。
CIMG1967
以前は階段部にしかなかった手すりを
2階階段ホールまで延長しました。

これで 登りきったときや降りる際に 階段手前から
握れるので恐怖感がなくなるはずです。
たかが手すり1本 されど 手すり1本なんです。

宅内での転倒事故を未然に防いでいるアイテムとして、貢献度が高いのが
手すりなのです。
玄関・階段・廊下・水周りなど、活躍してる場所は沢山あります。

もちろん 外回りにもね →ここ


                今回は階段編の施工事例でした。