枯山水をイメージした前庭があるエントランス 伊達市

伊達市:枯山水をイメージした前庭があるエントランス
ご夫婦で行かれた松島・円通院(瑞巌寺の塔頭)のイメージをもとに、打合せ・デザインがすすんでいきました。  

*施工期間:約1ヶ月 施工費:100~150万
伊達市:枯山水をイメージした前庭があるエントランス
打合せをすすめる際にM様からご指定なさったことは、「鉄平石」を使用すること、竹垣がほしいこと、アプローチ以外は白砂利を敷きたいことの3点でした。

他の鉄平石を使用したアプローチの施工例はコチラです。

(吸い込まれるような曲線の鉄平石アプローチ 福島市)

(鉄平石の風合いが美しいアプローチ 相馬市)
伊達市:枯山水をイメージした前庭があるエントランス
今回、M様ご指定の鉄平石。鉄平石というのは安山岩(火山岩)系の特殊石材で、日本では主に長野県諏訪市で産します。

(最近では中国産のものも多いそうです。)

板状で硬質、大材もあり産出量も多いので、敷石や石貼りに利用されます。

色はグレーを基調として、ところどころに青みがかっていたり、赤みがかっていたりしています。

雨に濡れるのと濡れていないのでは印象がまったく異なり、M様は「これで雨の日も楽しみになりました。」とおっしゃっていただけました。
伊達市:枯山水をイメージした前庭があるエントランス
敷地の南東角には、この近隣区画のかたのごみ集積所があります。

そこを、玄関にたったときから気にならなくするようにとのことで、この位置に竹垣を希望されておりました。

竹垣はタカショーのもので、これは内池工業のオリジナルデザインです。

玄関ポーチの柱と合わせた、落着きある深い茶色の竹垣が前庭をさらに引き締めてくれています。

また、中心に植えられている高木はナナカマドです。

樹形が綺麗で、和風や雑木の庭にとてもよく合いますし、紅葉が楽しめます。
伊達市:枯山水をイメージした前庭があるエントランス
アプローチ階段左脇のロックガーデン。

石組みには和風の下草を植え込み、また大株のヒイラギナンテンを植栽してあります。

また、灯篭風のLED照明は、タカショーの「和風ローボルトライト ドームミニ」です。

配線コードを隠すように石組みを施し、その上に照明が乗っております。
伊達市:枯山水をイメージした前庭があるエントランス
アプローチを中心とした前庭には、要所要所に坪庭があります。

というものの、ご契約段階では道路際の階段付近の石組みのところにしか緑はありませんでした。

しかし、アプローチをつくりだんだん出来上がるにつれて、「あと2箇所坪庭を追加してほしい」というご希望が出て、竹垣裏と玄関ポーチ横に坪庭をつくることになりました。

上の写真は玄関ポーチ横の坪庭写真です。

苔むした山石のを中心に、クマザサを少し植え、廻りにはタマリュウを植え込みました。
伊達市:枯山水をイメージした前庭があるエントランス
もう一つの坪庭は、ごみ集積所裏の部分。

玄関に立ったときに一番目に付く場所です。

この場所には、青みがかった川石を2石配し、タマリュウで築山風に盛り上げた中心にシダレモミジを植栽しました。

タマリュウはその後の生長を考え、余裕をもって植えてあります。

アプローチの周囲に敷いてある白御影砕石は防草シートの上に厚さ10cm弱敷いてあり、歩くとシャリシャリと心地よい音を響かせてくれます。