敷地調査~早く正確に!

こんにちは、最近、鼻風邪をひいてしまいました。冬場はどんなに寒くても、疲れていても、

風邪などひかなかったので、健康に自信がありましたが、このところの寒暖の差に体が

ついていけなかったのでしょうか?

社内でも、お子様のインフルエンザがうつり、お休みしてる人もちらほら、ちょっとした気の緩みや

油断が、病気を引き寄せてしまうのかも…

さて、仕事のお話ですが、お客様の、お仕事依頼を受けて、まず始めにすることといえば、

現場確認です。

写真を撮ったり、敷地の形状、境界杭の確認、建物からの離れや、高低差、既存エクステリアの

有無など、など…

お客様から、敷地図をいただければ、ありがたいのですが、何もない場合などは、三角法で、対角をとって測量します。

また、図面と、現況が必ずしも合っていない時もあります。現場で変更になる場合もあるからです。

私の場合、お恥ずかしい話ですが、現調を1回で済ませたなんて数えるほどしかありません。

(まだ、それ程数をこなしてませんが…)

鋭い感覚を養い、早く、正確にできるよう、頑張ろうと思います。

お客様の信頼を得るためには、重要なことですね!

まじめ~なお話し  た~さんでした。