スタッフブログ

皆さま! のびっ放しの樹木、放ったらかしにしてやいませんか!?

2019年9月10日|カテゴリー「工事の様子
こんにちは ホーム課の金子です

猛威を振るった台風も過ぎ去って 今日は一転
うだるくらいの暑さが戻って来ましたね~。

の日も風の日も そして暑くても寒くても
それでも現場は動いてます。


台風などの強風が吹くと ニュースなどで倒木による被害などを
ちょくちょく目にしますが、皆様のお宅には すくすくと元気に高~く伸びて
枝も広がり 日々見上げては・・「ど~しましょ~~って
ただただ眺めている木なんかは ないでしょうか?

植えた時は可愛かった木々が いつの間にか
隣地に越境して ご迷惑をおかけしてる家をたくさん見かけます。
近所なので 苦情も我慢している方もいるのではと・・・・

 先日も高~~く伸びた木を伐採しましたので
 ご紹介してみますね。









CIMG1871
写真のすくすく育った2本の木!

左がコニファー・右はユーカリです。
家より高く伸び 越境して隣地に入っている状態でした。
CIMG1870
コニファーは 結構成長が早く幹がどんどん伸びます。
植えてらっしゃる家 意外と多い樹種!

小さいうちから剪定してないと、伸びてからだと剪定しても枝だけになります。
CIMG1867-e1568100305741
コアラの好きなユーカリですが、ご覧のとおり どんどん成長しますよ。

もう手入れは無理なので 風が吹けば近隣に葉っぱや もしかすると樹液なども?
今回は この2本を地祭伐採しました。
簡単に言うと 根元から切ってしまいます。


作業的には
  まず、大ぶりの枝を落としていき~
     幹を上から徐々に短く切っていきます!
     最後に 根本から切って完了です。
CIMG1981
ユーカリ伐採中の様子です。

下から上へ 枝を切りながら上がっていきます。
ベテラン職人が どこから切ってどう落とすかを
頭に描きながら 作業が進みます。
CIMG1984
こちらが 伐採後の写真。

いわゆる切り株は残しますが、スッキリしましたね

CIMG1982
2本の木が無くなった様子が こちら。

敷地が広くなったように感じるのと 何より近隣に
ご迷惑をかけることもなくなり
安心だと思います。

1日もあれば ここまでの作業は完了しますよ!


いま 植栽の剪定樹木伐採など、チラシなども配りながら少しだけ強化中です。
ポストなどに入っているのを目にしたお宅もあるのでは

庭木「ど~しようかな~」と お悩み中でしたら

お問い合わせ お待ちしてま~~す。



幸運の兆し?

2019年9月10日|カテゴリー「日常

こんにちは、今月から入社しました新米中の新米、佐藤と申します!

現在は業務を覚えるのに一杯ですが、良い提案を作れるよう一歩一歩努めていきたいです^^


さて福島は週明けからひどい土砂降りでした…
IMG_3021
しかし、天気もうってかわり夕方には虹が出ておりました!
よくみると上にももう一段薄い虹があるのが見えるでしょうか。


二重の虹は貴重なこともあり幸運のサインともされているのです^^
見れるだけでも喜ばしいですが!


エクステリアにも”虹色”を取り入れた提案もしてみましょうかね~


色々模索していきたい佐藤でした^^


カバー工法で屋根工事が完了しました!

2019年9月9日|カテゴリー「リフォーム
久~しぶりのブログアップですが、、、どーも金子です。

消費増税を前に 当社でも外構エクステリア・リフォームを含め
さまざまな工事がバタバタと進行中です!

個人的には増税前に 有機ELテレビに買い替えようかと思っていたのですが、
ドライブレコーダーを衝動買いで付けてしまったので
少しおあずけで我慢しようと思ってます


そんなことより 久々の登場なので
最近終わった屋根の工事を かいつまんで紹介しましょう。



7月初めに 雨漏りがしてるかも知れないので
屋根の状態を見てほしいとK様より連絡があったので
屋根に上がって状況を確認すると・・・・


CIMG1545
築40年超の2階の屋根部。

塗装などの手入れ歴は無いとのこと
なので、さすがにそれなりの痛みは
隠せない状態。
材質はスレート 長年の風雨と紫外線による素材の劣化が激しめです。
CIMG1545-2
1階北側の状態。

同じく劣化は激しめ。
歩くと裏の野地板もゆがむので ・・
CIMG1543
板金のサビ・変形などによるスキマやスレートの欠けなどによって 防水しきれない水が侵入して雨漏りの原因になっているものと思われました。
さて この状態からどんな工法で直せばベストなのかを考えなければなりません。

※シーリングして塗装 
※解体して張り替え
※現状の上から新しく屋根を付ける。

条件は①雨漏りを止めること。
   ②将来 屋根に関しては手がかからないように。
   ③予算をできるだけ抑える。 など・・

今回は スレートの傷み具合からみて塗装だけでは長くもたせられないと判断
さらに 解体して下地から屋根を作るのは費用面で結構かかってしまうので、
今の屋根に新たに屋根を付ける カバー工法での工事を行うことになりました。


ここからはガガァ~~っと 話をはしょって進めますよ~~

CIMG1834
いきなり2階の屋根が張り終わったくらいの写真

下地の垂木・野地板・防水ゴムシートは現状の屋根の上に
新たに新設しています。

ガルバ鋼板の縦張りです。
屋根勾配がゆるいので横には貼れません。





DSC_1581
1階北側工事中

防水シートが見えますね。



    そして
CIMG1972
雪止め金具を1階・2階共取付て

     完成

 これで安心して過ごしていけると思います!

なかなかのスピードでご紹介してきましたが、現地を調査して
状況を把握し、予算面も考慮しながら最適な工事のご提案をしますので、

     ご相談くださ~~い

contact

CIMG1968

scroll-to-top