静寂の中で・・・邪心を懺悔!

こんにちは

内池工業 ホーム課の金子です(^^)/

 

雪の季節を知らせる「雪虫」を見かけるようになりました。

「もうすぐ雪だよ~!って

北国の冬を告げる白い綿を付けた、カワイイやつです(^^)

 

綿のような物、実は分泌物らしいのですが・・

冬の準備 お早目に~

 

 

 

 

突然、、、ここで一句!

「閑(しずか)さや~ 岩に染み入る 蝉の声~」

松尾芭蕉のパクリですが、10月末に奥の細道でも有名な「山寺」

行ってきました。

 

山門の入り口

 

早くも階段っす(/ω\)

 

 

 

 

 

聞いてはいましたが、行ったのは初めてです。

自然の岩山を利用した一帯には 沢山の建物や修行場が点在していました。

 

 

 

 

 

まずは 煙と水で体を清め

1つ目の仏殿へと・・・

 

 

 

 

 

腹や胸をなでると 願いがかなううらしいフクヨかな仏様がお出迎え!

賽銭入れて、とりあえずナデナデ(^-^)

 

 

 

 

胸と腹はピカピカです。

 

幸せになれると思います・・・たぶん(*^^)v

 

 

 

 

 

この日も平日だったので観光客もまばら、600円の拝観料を払い頂上を目指す。

最近 、若い頃には興味があまりなかった

神社や仏閣を見に行きたくなることが多くなったような気がする・・・

 

やっぱ歳のせいかぁ~~~~(;’∀’)

 

お約束の杉の巨木!

 

回りは いたって静寂な空気が流れる!!

 

 

 

 

 

 

 

なんと言っても「山寺」は 1000以上もの 階段で有名。

登っても登っても( 残りあと何百段)の文字が・・・・・(汗)

 

 

 

延々と こんな感じ!

 

 

 

 

 

 

 

甘く見ていた我が足は 早くもピクピクだし、心臓バクバクだし

運動不足を 痛烈に思い知らされました。

 

こんな通路も

 

このあたりは自然岩の階段で

足への負担も倍増(;’∀’)

 

 

 

 

 

上を見ると心が折れそうになるので、足元見ながらひたすら登る。

 

ふと周りを見ると 岩肌に彫りものが沢山!

 

直角の岩

 

かなりの高所作業かと・・・・

 

 

 

 

 

 

心臓の鼓動が ピークに達したころ、ようやく「仁王門」にたどり着いた。

 

左右には「邪心を持つ者を通さないように

2体の仁王様がにらんでいる」らしく、

 

その後ろには、閻魔様が鎮座!!

通るものの過去を記録するのだそうです。

 

 

 

 

 

邪心と浴望が満載の僕は 通れそうもなかったけど無事通過(*^^)v

過去もしっかり記録されたに違いないが・・・・

 

 

 

ここでもこんな風景が!

 

なんと牢獄らしい

恐ろしいながら そのスケールには圧倒っす!

 

 

 

 

昔の人は やることが けた外れだね~。

最後の階段を ひたすら登ると・・・・・

 

 

じゃーん♪

これが「奥の殿」です!!

 

何とも霊験あらたかな館(やかた)って感じ。

 

 

 

ここでも邪心を懺悔し、仏のご加護をお願いして

下りの道へと・・・

 

 

途中には 岩をくり貫いて

作ったとしか思えない蔵が。

 

中に平安期から伝わる塔が収められていました。

 

 

 

山寺の紹介で よく見る写真がここ!

まさに崖っぷち!!

 

 

彫刻もまた みごとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山全体が、まるで要塞のよう。

 

木々も色づき きれいでした。

 

 

重機も電動工具も無い時代

すべてが人力!

 

この山の斜面の掘削から始まり、階段・道・さらに建物建立など

どれほどの年月と人力がかけられたのでしょう?

何も持たずに 登ってくるだけで心臓が破れそうになった僕には想像もつきませんが(;’∀’)

 

ただただ 敬服でした!!

 

 

 

重機も車両も工具も、

さらに腕利きの職人さんもそろっている

内池工業も ガーデンにエクステリアに奮闘、頑張っております!

 


さらに、住宅のリフォームも今後とも

宜しくお願い致しまーす(^_-)-☆